良いデリヘル嬢を見つけるコツ

熟女系のデリヘルがオープンしたので

私の周りにはあまり見かけませんがアラフォーでも20代のように綺麗な女性が最近増えてきているようですね。エステなどの技術の発達や美容グッズの普及が大きく影響しているのかもしれませんね。私はエッチな遊びが未だに大好きで風俗にも定期的に出かけています。風俗情報に関しては常にチェックしていてデリヘルの新店もすぐにわかります。この間また風俗情報をチェックしていたら熟女系のデリヘルがオープンしていたのを知りました。これまでにも人妻系では何度か遊んだことがありましたが熟女系と名付くところは初めてで40歳丁度の女性を指名しました。さすがに40歳だと年齢を感じるかなと思ったら20代後半と言っても疑わないくらいの若々しさでスタイルも抜群な人でした。おっぱいもFカップで普通なら垂れているのに張りがあって乳首もほのかなピンク色で反応も若い子みたいでかなり昂奮しました。さすがのフ○ラテクニックで堪らず発射。暫くこの人にハマりそうですね~。

女性画像

ドエム系の風俗嬢を攻めまくった

しばらく嫁とエッチなプレイをしていなかったのでかなり欲求不満になっていたが、定期的に渋谷のデリヘルを使って好みの風俗嬢とエッチなプレイをすることで性欲を解消していた。俺がいつも利用しているデリヘルはタイプ別に風俗嬢の写真が検索できるようになっていて、自分の好みのタイプを入力するとすぐにそのタイプの写真を確認することができる。女の子の紹介文を見ながら写真をチェックして、その時の気分に合わせて相手を決めていく。数日前には、女の子をいじめたり攻めたりしたくなったのでそういうプレイが好きそうなドエム系の風俗嬢を指名した。はじめは簡単なキスをしながら敏感な部分を触ったり、シャワーを浴びながら抱きしめ合ったりイチャラブっぽいプレイになった。でも、ベッドに行って電気を消してからは彼女の敏感な部分を激しく攻めながら何度も言葉攻めをして激しく喘がせた。俺の攻めでこんなに感じてくれているのかと思うとすごく興奮してしまって暗闇の中で精液をぶっかけた。
https://ranking-deli.jp/fuzoku/8/area24/

素のままを見せる正直な素人デリヘル嬢

素人デリヘルから来てくれたのは面白味のある子でした。嘘のない自分に正直な子で、掴み所がない性格に感じるところもあって、そこが面白い魅力に感じました。風俗嬢だとお客さんに合わせることも多いもんですが、そういうのがない子なんです。だから風俗嬢っぽくない感じで、それがよかったように感じます。素のままを見せてくれるわけですから、風俗遊びだとそんなに多いもんでもないからです。運が良かったことに気に入られたようですから、その子もノリ気で相手してくれました。ちょっと難儀しながらも頑張ってご奉仕してくれて、そこには健気さ感じました。正直な子でよかったと思ったのはこちらから攻めた時で、あんまり気持ちよくない時には反応弱く、気持ちいい隠さずに反応してくれます。だからその子の弱いところを探しやすいわけで、腰をガクガクさせながらイクところを何度も拝ませてもらいました。風俗サービス受けてるってよりも、プライベートでセフレと遊んでるような感覚で楽しませてもらえたデリヘル嬢だったと思います。

胸は武器になりますね!!

胸が大きいというのはデリヘル嬢にとって大きな武器だと思います。おっぱいが大きいので風俗嬢として絶対成功するというわけではありませんが、今回のデリヘル嬢はおっぱいをしっかりと使っていました。胸が大きいのにあまり触らせないという女の子も多い中で、ちゃんと触らせてくれるしパイズリまでしてくれる風俗嬢でした。サービス精神旺盛の巨乳の風俗嬢というのは完璧なコンビネーションだと思います。デリヘル嬢はこうで... 続きを読む

ギリギリのライン

ギリギリのラインでいけるかどうかという感じでしたが、なんとか今回の風俗ではいくことが出来ました。やっぱりプロのテクニックは違うんだということがわかったのですが、どうしてそう思うかというとプライベートでは自分はいったことがなかったのです。存在がとにかくありがたいものだと思えるくらいに素晴らしく濃密なプレイをしてくれたと思います。気持ちよくなるようにいろんな配慮をしてくれながら最高な快感を手に入れ... 続きを読む

がっつりいやらしく!

がっつりいやらしいプレイをしてくれるのが今回のデリヘルの女の子の特徴でしたので個人的にはかなり嬉しく思いました。半端じゃない快感をしっかりと手に入れることができるようにと色々気を使ってくれる風俗嬢でしたので一つ一つがとても充実したプレイだと思いました。完璧に気持ちの良い時間をしっかりと使うことができるのは風俗でも限られたお店しかありません。でも今回の経験は最高に気持ちの良い時間をしっかりと使わ... 続きを読む